2013年7月29日月曜日

Week In Gifs, July 29; Rangers Edition

Take a look back, there are some brighter notes on the Rangers' sloppy week. 

Did you know that Adrian Beltre is pretty good at 3B defense?




And so is Jurikson Profar. 


The newest member of the Rangers Hall of Fame. Just sit here and enjoy his precious arm.


Here're some things happened in the dugout:

Never change, Ron Washington, never change. Well, actually, he needs to change. 


Elvis Andrus horse riding David Murphy. 


Swagger. 


More goofy ones:

Profar pulled his inner Josh Hamilton.

 

Eduardo Nunez slid into the middle of nowhere. And incredibly enough, his helmet stayed on his head.


On Sunday afternoon, Leonys Martin tried to escape from the disastrous game the Rangers played.


Fans are weird, fans are crazy, and sometimes, as Eddie Middlebrook claimed, they are idiots.


Week In GIFs, July 29

Here are GIFs from the first 10 days of the 2nd half.


Rickey Henderson flashed this bat flip in the Legend and Celebrity Softball Game.


Kensuke Tanaka, left fielder strikes again.


The Oakland Athletics out-Astros the Astros en route to their first loss to them in 2013.


It hurts badly when a baseball hits you in the face. 


 Joey Votto hit a line-drive single to center, but these Dodgers middle infielders trolled Shin-Soo Choo, who was on first base. Choo got thrown out. More like ChooTBLAN, right?


This pitch was way off the plate so Pitch F/X didn't even record it. 


Here's Brooks Baseball's strike zone plot for the at-bat. Pitch 2 is not on the map. 



No description needed for this one. Strong GIF of the year candidate. 


This Japan-born slugger retired as a Yankee on Sunday. Here's the first pitch from Godzilla. 


Angels in the outfield.


2013年7月24日水曜日

Best Friends

Elvis AndrusとAdrian Beltre。レンジャーズが誇る三遊間はMLBでもベストな守備力で知られていますが、それとは別の面でもエンターテイニングなのです。まずは下の動画をご覧ください。

          

史上最高のYouTubeビデオの一つですね、これは。

この、主にポップアップをめぐる二人の確執?は2012年中盤以降散見されるようになってきましたが、今季に入って本格化。2013年だけですでに7-8回、こういった場面が見られました。

さらには何故か頭を触られることを執拗に嫌がるBeltreに対し、Elvisがわざと攻撃を仕掛けるシーン。これに限らず、いつもちょっかいをかけるのはElvisのほう。

ダルビッシュ5ピッチGIF」でおなじみのDrew Schepperdによる、上記の動画のシーンからのGIFを一つにまとめたのがこのページ

ま、何はともあれ、仲が良いのはいいことです。我々ファンも楽しめますし。Jeff KentとBarry Bondsみたいなチームメイトを抱えるよりはよっぽどましでしょう。

2013年7月23日火曜日

SDI Tokyo: ダルビッシュに対する的外れな批判

Louis DeLuca/dallasnews.com

2013年の最初の9先発において、ダルビッシュ有は7勝1敗という成績を残した。そして、次の9先発でそれは1勝3敗に下落した。この勝利数の減少は、ダルビッシュのゲームプランについて思わぬ注目を集めることになった。実際は投手のコントロールが及ぶ範囲内での彼のスタッツ―失点、イニング数などはほとんど変わっていないのにもかかわらず。

ダルビッシュ自身も6月30日の先発(後半の9先発で唯一の勝利投手となった試合)のあとで彼への批判に対してこう切り返した。"自分の速球についてあれこれ言っている人たちを黙らせたかった。"

そして、ホームでヒューストン・アストロズに敗戦を喫した試合後にも、彼は同じようなことを語った。"今日だけでなく前回もそうですが、速球の割合が多すぎたと思う。僕自身、自分は変化球ピッチャーだと考えている。"

彼のコメント通り、ダルビッシュは過去2登板において周囲の雑音(その先頭に立っているのはEvan Grantだ)を打ち消すために速球の割合を増やしている。彼の配球の結果がそれを物語っている。以下のチャートはダルビッシュの配球の割合を、最初の16試合と最後の2試合で比べたものである。(データ提供:brooksbaseball.net


御覧のように、右打者と左打者のどちらに対しても、4シームの割合がかなり増加しているのが見て取れる。同時に、左打者に対するカッターと、右打者に対するシンカーの割合も増えている。これらはどれも速球の部類に属する球種だ。そして、速球系が増えたことにより、逆に変化球、特にスライダーとカーブの割合は減少している。

ここで惜しいのは、ダルビッシュのスライダーは彼のベストピッチであるだけではなく、メジャーリーグ全体においても最高の球種の一つだということだ。それについて書くだけで一つの記事になるだろう。2013年、ダルビッシュのスライダーは72%の割合でストライクになっており(これは彼の他のどの球種よりも多い)、21%の割合で空振りを奪っている。そして、彼はスライダーを他の球種よりも多く交ぜることよって打者を圧倒しているのだ。

球界でトップ10から15に入るピッチャーがここまで大胆に配球を換えるのは奇妙なものだ。何もおかしいところがあるようには見えないのだが、いったいどんな問題が解決されたというのだろうか。

ダルビッシュの過去2試合のマウンドでのアプローチと投球パターンの変化は、彼が2012年後半戦、カットファストボールを多用して打者を打ち取っていたころの状態に戻そうとしているかのようである。

ダルビッシュは2012年後半戦の絶好調だった期間に防御率2.35、被出塁率.235、奪三振率10.5を記録した。今季最初の16先発において、彼の数字は防御率2.95、被出塁率.262、奪山率は12.1だった。これらの数字を見るに、ダルビッシュは2012年後半戦のほうが好調だったのは明らかだが、2013年の前半戦もそれに勝るとも劣らない活躍を見せていた。

このダルビッシュを"直す"ための魔女狩りのような詮索は、彼が実際に投球パターンを変える、という結果をもたらした。しかし、球界で最低のチームに対して打ちこまれた後では、この"より多くの速球を投げるべき"という論調はもう語られることはないだろう。まるで彼が、実際にプレーする側の意見としては、よりハードに投げる必要はない、と語っているかに見える。

ダルビッシュはもっと速球の割合を増やしたほうがいい、というのは誤った解釈だ。正しくは、ダルビッシュはより多くのストライクを投げ、より効率的にゲームを運び、長いイニングを投げられるようにするべき、だ。ここで最良の改善策と言われている(より多くの速球を投げる)ことは、実は的外れでしかないのである。

私の考えでは、ダルビッシュがより効率的な投球をしなければならない、というのはとんだ見当違いだ。彼は馬車馬である。彼はとてつもない量の仕事をこなすことができるのだ。むしろ鍵となるのは、ダルビッシュが長いイニングを投げれないことによる弊害だろう。レンジャーズ投手陣が故障者続出に苦しむ中にあって、5日おきに7から8イニングを投げられる先発投手の存在はブルペンに休息を与えることができる。

全てのピッチャーはときとしてスランプに陥るものだ。そして、それこそが今のダルビッシュの状態なのだ。リーグ全体を見渡せば、他にもトップクラスと言われているピッチャーたちがスランプに苦しんでいるのがわかるだろう。あえてポジティブな面を挙げるとすれば、ダルビッシュはスランプに陥っているときでもチームに勝利のチャンスをもたらすピッチングをすることができる。これはとてもレアなことだ。そして、このなかなか勝ち星に恵まれないというのは、彼自身の問題というよりは打線の援護の少なさにある。勝ち星の少なさはピッチング哲学の変化に結びつけるべきではない。

人々が、まるでダルビッシュの投球をより良くする術を知っているかのように話すのを見るのはもううんざりだ。彼がメジャーリーグの舞台に足を踏み入れて以来、彼の投球を見たものはまるで彼らが専門家であるかのように、ダルビッシュがどんな投球をするべきか、というトピックを語りたがる。ダルビッシュがベストの状態のときでさえ、それに満足できない者たちが彼がいかにして変わるべきか、という戯言を垂れてきた。ダルビッシュは今もまだメジャーリーグのピッチャーとして多くを学んでいる段階にある。短期的な問題に対してああだこうだ言うのはそのプロセスにおいて正しくないし、なんといっても彼は驚異的なピッチャーだ。

メジャーリーグの全ての投手は何らかの批判を受ける。そして、ダルビッシュは彼のパフォーマンスに対して必要以上に批判の対象になっていることを考えると、彼がするべきなのはそういった周囲の声をブロックし、試合に持ち込まないことだ。

有は有なのだ。彼のコーチとキャッチャー以外、我々外部の人間はただ黙って彼がやることを見守るべきだ。これだけは頭に入れておいてほしい。彼はそんじょそこらのピッチャーとは格が違うのだ。

*数字は全て7月8日時点でのもの

By Peter Ellwood/Shutdown Inning オリジナルはこちら

2013年7月17日水曜日

All-Star Game GIFs

Here are some gifs I grubbed during yesterday's All-Star Game. 

Cliff Lee was not entertained. 

Matt Harvey struck out Adam Jones with a 98 miles per hour, up and in heater. Swoon.

Joe Mauer gunned down Andrew McCutchen tried to steal 2nd base. Here's the slow motion replay of the tag. 

Manny Machado #DefensePorn 

And... Prince Fielder tripled!! In an All-Star game!! This is why you can't predict baseball.


2013年7月16日火曜日

HR Derby Prediction

BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK BACK
BACK BACK BACK BACK BACK BACK 

2013年7月15日月曜日

Week In GIFs, July 15

Engel Beltre impregnated Ian Kinsler.

And Kinsler hustled to score from second on this infield single. Who says he #DontCare?

Kensuke Tanaka's first big league play was impressive.

Aaron Hicks saved the game in the 12th inning by this catch.

And Hicks gunned out a runner at 3rd on this throw. He can play some center field, right?

I think this is a typical reaction for people who watched Giancarlo Stanton tying a baseball game in the 9th with a monster shot.



#Leadershipped 

New kind of pie celebration? I'll take this.
                    











NPB GIFs Of The Week

This past week was somewhat gifable in NPB. I grabbed 4 of them, so I'm sharing them with you.

You've probably seen the 1st one, because it was remarkably terrible so the video clip was on everywhere around the Internet. Here's the clip.

      

You need to see it in gif form too.


Yeah, it was pretty bad.

On Saturday, Hiroshi Kisanuki threw a breaking ball into the dirt with bases loaded, and all the runners eventually crossed the plate on that play. You don't often see this in a baseball game, especially at the professional level.


Figuring that it was a tough week to play defense in NPB.

On a brighter side, some 19-year old phenom kid named Shohei Otani had a bittersweet week. 

On Wednesday July 10th, he crushed one out of Kleenex Stadium Miyagi for his first professional HR. It was a bomb.


But the very next day, he got hit in the sideface by a baseball during BP and fractured cheekbone. Tough moment for the 19-year old.

But turned out that it was not that tough for Otani. On Sunday, he did this in his first at bat since the injury.


Ho-lee-crap.

2013年7月13日土曜日

MLB単語辞典: Maddux

                                              http://www.flickr.com/photos/leathtech/120817737

Maddux。今回のキーワードは、キャリア通算355勝の大投手の名をそのまま冠したものである。

Greg Madduxは少ない球数で実にテンポよく打者を打ち取っていくことで有名だったが、それがこの"Maddux"の由来にもなっている。2012年4月に1人のブロガーによって考案されたその概念とは、99球以内での完封のことだ。

もう少し詳しい"Maddux"のルールを説明しよう。Madduxのステータスを得るためには、ピッチャーは試合をすべて一人で投げ抜かなければならない。つまり、9回を無失点に抑えたものの延長戦に入って降板した、というケースは除外される。さらに、全イニングと言っても雨天などで9回まで行われずに終了になった場合も当てはまらない。9イニングが求められる最低のイニング数なのだ。さらに、ここに99球以内、という条件も加わってくる。

お分かりいただけただろうか。それではここでMadduxのキャリアリーダーを見てみよう。

Rk Player #Matching W L W-L% ERA GS CG SHO SV IP H ER HR BB SO WHIP
1 Greg Maddux 13 Ind. Games 13 0 1.000 0.00 13 13 13 0 117.0 53 0 0 4 67 0.49
2 Zane Smith 7 Ind. Games 7 0 1.000 0.00 7 7 7 0 63.0 26 0 0 5 20 0.49
3 Bob Tewksbury 6 Ind. Games 6 0 1.000 0.00 6 6 6 0 54.0 26 0 0 3 22 0.54
4 Don Newcombe 6 Ind. Games 6 0 1.000 0.00 6 6 6 0 54.0 29 0 0 3 28 0.59
5 Sandy Koufax 5 Ind. Games 5 0 1.000 0.00 5 5 5 0 45.0 19 0 0 3 30 0.49
6 Roy Halladay 5 Ind. Games 5 0 1.000 0.00 5 5 5 0 46.0 16 0 0 1 35 0.37
7 Tom Glavine 5 Ind. Games 5 0 1.000 0.00 5 5 5 0 45.0 27 0 0 3 12 0.67
8 Don Drysdale 5 Ind. Games 5 0 1.000 0.00 5 5 5 0 45.0 20 0 0 5 27 0.56
9 James Shields 4 Ind. Games 4 0 1.000 0.00 4 4 4 0 36.0 10 0 0 3 33 0.36
10 Preacher Roe 4 Ind. Games 4 0 1.000 0.00 4 4 4 0 36.0 20 0 0 2 16 0.61
11 Jamie Moyer 4 Ind. Games 4 0 1.000 0.00 4 4 4 0 36.0 13 0 0 1 14 0.39
12 Bartolo Colon 4 Ind. Games 4 0 1.000 0.00 4 4 4 0 36.0 15 0 0 5 16 0.56
13 Chris Bosio 4 Ind. Games 4 0 1.000 0.00 4 4 4 0 36.0 10 0 0 3 17 0.36
14 David Wells 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 15 0 0 1 15 0.59
15 Ismael Valdez 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 12 0 0 0 15 0.44
16 Curt Schilling 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 1 22 0.37
17 Brad Radke 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 12 0 0 3 12 0.56
18 Johnny Podres 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 13 0 0 1 16 0.52
19 Roy Oswalt 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 8 0 0 0 17 0.30
20 Jaime Navarro 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 10 0 0 2 16 0.44
21 Terry Mulholland 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 14 0 0 2 14 0.59
22 Jason Marquis 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 0 13 0.33
23 Paul Maholm 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 1 13 0.37
24 Tim Hudson 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 1 15 0.37
25 Derek Holland 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 4 20 0.48
Rk Player #Matching W L W-L% ERA GS CG SHO SV IP H ER HR BB SO WHIP
26 Chris Carpenter 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 6 0 0 5 25 0.41
27 Tom Browning 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 10 0 0 4 13 0.52
28 Josh Beckett 3 Ind. Games 3 0 1.000 0.00 3 3 3 0 27.0 9 0 0 0 20 0.33
Provided by Baseball-Reference.com: View Play Index Tool Used
Generated 7/13/2013.

当然と言えば当然なのだが、Greg Maddux本人が2位に大差をつけてMLB史上最多の13回のMadduxを達成している。2位のZane Smithはキャリア100勝だから、そのうちのMadduxの占める割合が非常に高い。Madduxと90年代ブレーブスの黄金期を築き上げたTom Glavineも通算5回で歴代4位タイに付けている。

ということで、(将来の)殿堂入り投手の名を冠したこの指標、皆さんも使ってみてはいかがだろうか。